TOP > 教育方針

・・園長のあいさつ・・

幼稚園・保育園は初めての社会体験の場となります!!

 家族以外の人と接する事により、人格形成の基礎となる「他者の存在を認める心」「思いやりのこころ」が育ちます。
ただ与える教育ではなく、「なんでだろう」「どうしてかな」と考える力、気付く力、伝える力、受け止める力を大切にし、ちょっとした風にも倒れない根がしっかりと張ったしなやかな木のような、本物の成長力を育みます。
 音体教育を通し、最後までやり遂げる心、美しいものに感動する心を見出し、生き生きと表現する子どもたちを育てます。 乳幼児期の子ども達の伸びる力は素晴らしいものです。
子どもたちの一人一人の可能性を信じ、ともに成長出来ることは、なによりの喜びです。
この時期だからこそ、お家の方とお子様が一緒に過ごす大切な時間を共有して頂き、ご家庭と園の連携をしながら、お子様の健やかな成長を見守っていきたいと思います。

認定こども園えほんの森
園長 三串康博

・・教育目標・・

 認定こども園えほんの森は、50年の歴史の中、常に変わらない方針は、「生きる力の基礎を育む」~つよい心と、たくましい体を持ち、生き生きと表現する心を育てます。

・・教職員の姿勢・・

認定こども園えほんの森の教職員は、地域の教育・保育の発展に寄与する心構えを持ち、深く自覚し、研鑽を怠らず、創造性豊かな教育・保育を実践することに努めます。

1.子ども同士で育ち合う心を大切にします。
2.子どもの事を第一に考え、共に成長します。
3.いつも子どもの気持ちに寄り添い、何気ない気持ち「つぶやき」を大切にします。
4.ありのままの個性を受け止め、一人ひとりの人格を尊重します。
5.子どもの自発性を大切にし。最後まで、やり通す気持ちを育みます。

本園ではより質の高い、保育・教育内容を実施する為に、専任の講師による「音体教育」を基本とした指導を導入しています。 ①鼓笛(全日本幼児教育音楽連盟に加盟しています。)
②体育(株JACPA)
③英語(レインボーイングリッシュスクール)

④水泳(ビーバースイミングスクール)
⑤習字(5歳児のみ対象)